• 人生のおち
    「ドタ、ドタ、ドタ、と私には3人娘がいるのよ。Daughter、Daughter 、Daughter 、ね」いつも知的なユーモアで楽しませてくださるY様。朝食後はじっくり新聞を読み、心に留まった記事を私達にも教えてくれます。昨日いただいたのがこの記事。私の心にもぐっと留まりました。【人生のおちは誰も自分では書けない】介護付有料老人ホームは介護施設です。生きるための治療を望まれる方はご入居の継続が難しくなります。それが具体的に...
  • 林檎の赤ちゃん🍎
    家族にはステージがある。新婚期、子育て前期、後期、空の巣期、定年期、伴に歩んできた人生のパートナーやハツラツとしていた親が老いていく姿は時として受け入れ難い。「孫はどんどん色んな事が出来るようになるのに、ば〜ちゃんはどんどん出来なくなる」あるご家族様の言葉が染みる。歩けなくなる、食べられなくなる、喋れなくなる…老いを受け入れるのはご本人もご家族も切ない。不老不死はない。人間は魂を後世に繋ぐ事で永遠...
  • アリ地獄
    日常生活で他者と触れ合う中で、ほんの些細な事で傷付いたり不快な思いに陥ることは誰にでもある。自分の大切な人が小さなアリ地獄に引き込まれそうになったら全力で守りたいが故、どうしても主観的に物事をみてしまう。正と誤の判断は紙一重だが、冷静に客観的に物事を受け止める事ができる家族が、結果的にご本人をアリ地獄から救い出せるような気がする。...
  • コロナ禍
    まさかの緊急事態宣言外出出来ない苛立ち家族に会えない切なさ物資 奪い合いば足らず分け合えば足る自粛 ユーモアを忘れず余暇を楽しむ明るい兆しが見えてきたがまだまだ初めての道は続く…我が事のように他者を思いやるそれが真の優しさ、実に優れた人の在り方コロナウィルスに勝つ最善策だと思う...